デイトレードのデメリット

デイトレードはいつチャンスが訪れるか分からず、小さな利益を積み上げていくので、ザラ場中監視し続ける事が必要になってきます。

売買タイミングも一瞬の判断の迷いが損失につながったり、訪れた
チャンスを逃し、最悪は1分もしない間に含み益が含み損に変化します。

デイトレードは、わずかな値幅を取るという売買ですのでリスクの高い値動きの激しい銘柄で勝負したくなりますが、動きが見えるのなら5分以内で利確
することは十分可能ですが、買うところを誤ると、一気に暴落して、あっと言う、3.4日の利益を持っていかれます。

自分の実力を知ってデイトレードしなくてはいけませんが、その判断はとても難しいです。